迫り来る恐怖 ドラ1候補右腕の2段階に加速する直球 山下舜平大投手の速球を捕球

迫り来る恐怖 ドラ1候補右腕の2段階に加速する直球 山下舜平大投手の速球を捕球

投稿者:朝日新聞社   動画の投稿時間:2020-10-23 12:00:29
視聴回数:922  動画の長さ:1:6


今秋のプロ野球ドラフト会議で1位指名が有力視される福岡大大濠高の最速153キロ右腕、山下舜平大投手。捕手までの18・44メートルの中間点、そしてベース板の手前で「2段階」にグンッ、グンッと伸びてくる感覚の直球に、はっきりと「恐怖」を感じた。  10月14日、ブルペンでその投球を20球ほど受けさせてもらった。ベース板の手前でくる「2段階目」の伸びがあるから、イメージよりも速く打者の目の前に白球がくる。大学まで捕手で、これまで140キロ以上のボールを何度も捕ったことがあるが、この「2段階目」の伸びの強さは未体験。恐怖を感じたのは、まさにこの伸びのせいだ。「絶対に実現したいと思っているのは、球速165キロ」。この球を捕った後だと、その目標が大げさではなく聞こえる。
(Visited 1 times, 1 visits today)

興味があるかもしれません

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください